Displaying 1 - 4 of 4 entries.

シチューorカレー パスタにはどっち?

  • Posted on 1月 9, 2012 at 2:38 PM

ご飯にかけて食べるのが飽きた頃のカレーやシチュー。パンにつけて食べるのは定番ですが、我が家では茹でたパスタにかけることもあります。シチューやカレーがゆるめならスパゲッティ、固めならマカロニにかけるのが美味♪

この間の休みに仲間で集まったとき、その話をすると驚かれてしまいました。「パスタにかけるならシチューとカレーのどっちが好き?」と聞いてみたんです。私はどっちも好きですが、あえて選ぶならカレー派。それも残りわずかでかなり固めのものを、マカロニに和えて食べるのが大のお気に入り。

面倒くさいときは茹でただけのマカロニを使いますが、気持ちに余裕があればマーガリンやバターで炒めるとリッチな味わいを楽しめます(*^_^*)

でも他の家では、余りもののシチューやカレーをそんな風に食べたことは無いと言うんです。一人くらいあるだろうと思ったら、見事にゼロ。

絶対においしいから一度試してみてと、強く勧めてきました。「おいしそう!今度絶対にやってみる♪」という賛成派もいれば、「シチューやカレーは、パンか白いご飯でいいよ…」という反対派も。

騙されたと思って一度食べてみれば、反対派も賛成派になると思うんだけどなぁ(>_<)

■シチューパスタ&カレーパスタ

1.パスタを袋に表記された通りの時間で茹でる。
2.余裕があれば、茹でたパスタをマーガリンで炒める。
3.残り物のシチューorカレーを、パスタにかける。

茹でたパスタは炒めずに、熱いうちにマーガリンを絡めるのもOK。こっちの方が茹でただけよりコクが出るし、炒めるよりもずっと簡単です(^^)

ただ、シチューやカレーをかけたまま時間を置くと、美味しくなくなってしまいます。食べる分だけ作ってくださいね。

そんなことができるのか?違法ダウンロード処罰化

  • Posted on 12月 29, 2011 at 2:24 PM

自民党と公明党が、インターネットからの音楽や映像データの違法ダウンロードに対する処罰化を定めた法案をまとめたそうです。
この法案は来年の通常国会での成立を目指すそうですが・・・。

これまで違法アップロードに対しては著作権法による処罰が可能だったのですが、そのデータのダウンロードについては刑事罰が定められていなかったため、今回の提案となったとのこと。

そもそも違法ダウンロードって一体何?てことでしょうね。

違法にアップされたデータをダウンロードしてはいけない、ということでしょうが、明確な基準でこういうデータをダウンロードしてはいけない、なんて決めるのは不可能ではないでしょうか。

別に違法ダウンロードしてもいいじゃん、ということを主張したいのではなく、それを取り締まろうとすること自体が難しいんじゃないかと思うんです。

「これはダウンロードしてはいけませんよ」と明確にわかる&意識しないとそのダウンロードができないようになっているのであれば、その上でダウンロードした人は完全に故意ですので罰を受けるのも仕方ありません。

ですが、いまのインターネットの仕組みでは、「そのコンテンツが違法かどうか判断しづらい」「知らない間に勝手にダウンロードされる」ことが考えられます。

このことを利用すれば、何も知らずにダウンロードしたら違法扱いされる、ダウンロードしたつもりがないのに違法で訴えられる、ということも起こりえます。

そしてこのような自体を防ぐために、何らかの手段を講じるとしたら、それはネット閲覧の自由をかなり制限しなければいけなくなるはず。

1の不正を正すために、100の自由を制限するのか。

コンテンツを提供する側からすれば、どれだけユーザーが不便を感じようが、利益は守りたいはず。

とすればその方向に進んでいくのは間違いありません。

もしこの法案が通ってしまったら日本のネット社会はどう変わってしまうのか。

心配です・・・。

利益を守る、というと商標みたいなものを表示してもらって、誤って落とせないようにしてもらえばいいかな、と思います。
最近特許や商標登録の違いを知りました。

商標っていうのは商品、サービスの名前やロゴ、記号などのモノを保護するもの、
特許っていうのはアイデアが守られるんだそうです。

「雪見だいふく」という名前は商標、アイスを餅で包むアイデアは特許ということですね。

釣りをする人とは

  • Posted on 12月 19, 2011 at 3:56 PM

 私のそれに関する記憶と言えば、遠い昔に父親がやっていたのに付いて行ったことくらいで、それすらも父親が何を釣ったのか、父親がそれをしている間私が何をしていたのか覚えていません。
「釣りが趣味」だという人は、ぼうっとすることが好きだったり大層我慢強いのだろうなあと私は思います。こんな私は待つことが嫌いで、人と待ち合わせをしたときには15分以上だといらいらして機嫌が悪くなってしまうような人間です。
 またはそれが趣味だという人は、趣味に成果を求めないのかなあと思います。魚を釣ろうとしたって、いつ釣れるのか、どんな魚が釣れるのかなんて誰にも核心はもてないじゃないんでしょうか。
 こうまで書くと私が釣りを嫌っているようですが、そんなことは全くありません(笑)魚を釣るのが好きな人って凄いなあと感心しているのです。本当に。
 私は女性ですが魚をさばくことはおろか、生きている魚だって恐くて触れません。スーパーの鮮魚コーナーに売っている魚のあのまんまるとした目が恐いのは私だけでしょうか。
 だからと言って魚が嫌いではなく、食べるのは好きです。ですから、理想は、身近に魚を釣ることが趣味な人がいて、それをさばいて披露してくれることですね(笑)
 そういえば、魚といえば気になることが一つ。
 魚拓っていうのがあるじゃないですか。あれって、魚に墨を付けるんですよね? 墨を付けた肴って食べることが出来るのしょうか? これは私の素朴な疑問です。
 墨って服にはねたりしても、汚れがおちにくいじゃないですか。それなのにあの魚に付けた墨は落とすことが出来るのでしょうか。それとも魚拓用の墨なんてものがあるのでしょうか。あと魚に何で墨を付けるのか。まぐろくらい大きな魚でも筆でいちいち墨を付けるのでしょうか。あと大きな魚だと大きな紙を用意するのも大変そうですよね。
 魚拓に関しては疑問が付きません。
 どなたかそっと私に教えて下さい(笑)

クレーマーに遭遇

  • Posted on 12月 18, 2011 at 11:02 AM

ホテルのフロントとして働いている私は、夜勤をする機会も多い。
ホテルの場所が日本でも有数のオフィス街でもあるので、ビジネスマンが主にターゲットである。
交通の便が良いおかげか、仕事帰りに泊まるお客も多く、チェックインの時間も観光地のホテルに比べればかなり遅くの時間に集中する。
深夜ともなると酔っ払いも多い。大抵は理性を失くすほど飲む人は少なく、赤ら顔で陽気になっているケースの方が多い。
対応する分にもそういったお客であれば何ら問題ないのだが、飲みすぎて理性を失ったお客はクレーマーに変質する危険性も秘めている。
つい先日も、マスコミ関係者と名乗るチェックイン済みのお客が、深夜に突然電話をかけてきた。
かなり酔っていることは電話越しでも窺い知れたが、既にチェックインしているにも関わらずホテルの場所がわからないので迎えに来いと理不尽な要望をしてきた。
しかもなぜか逆ギレ気味。酔っ払いの相手は慣れていないわけではないのだが、電話口でわけのわからない罵詈雑言を20分以上も言い出し、切らせてももらえない。
気圧された私は、つい相手の要求どおり迎えに行くと伝えてしまった。
連絡を取るために携帯番号と名前を教えろとまで言い出し、名前はともかく流石に私個人の携帯番号を教えるのには躊躇されたので、その日一緒にシフトインしていた夜勤スタッフに相談し代わりに迎えに言ってもらった。
ホテルに戻ってきてからも、私や他のスタッフを呼び出しフロントの前で言いがかりを言っては怒鳴りつける。責任者を呼べの一点張りだ。
早朝近くまで拘束されたので、さすがに警察を呼ぶも若い警察官だったため返って逆効果。
業務に支障をきたすくらいの大事になってしまった。
結局、責任者に来てもらい、上司らが来る前に一寝入りしたお客は冷静さを取り戻しつつあったのか、その後は話し合いがもたれた。
正直、私含めその日の夜勤スタッフの疲労はかなりのものだった。
マスコミってそんなに傲慢なのかという不信感だけ芽生えた後味の悪い事件だった。
酔っ払って理性を失うくらいだと、相当飲んでいたのだろう。現代はストレス社会だ。
普段は温厚な人とて、酒に呑まれればこういった厄介なことになってしまうほど。
年末年始にかけて、飲む機会も増えてくるこの時期。
酒を飲んで日頃のストレスを解消するのは一向に構わないが、他人に迷惑をかけないようほどほどにしてほしいものだ。